女の人

内臓系の病気になったときは|腸閉塞は早めに手術を受けよう

脳の血管が塊となる病気

男性

主な症状

脳内の血管が奇形化し、動脈と静脈が一つの塊となってしまう脳血管の病気を「脳動静脈奇形」と言います。脳の表面や硬膜、そして脳内部など血管の存在する場所であれば、どこにでも発生の可能性がある病気です。動脈と静脈の塊が破れてしまうと、脳内出血やてんかん発作、クモ膜下出血などを引き起こします。脳動静脈奇形の症状において、最も多いのが「脳内出血」です。出血の発生部位により、片麻痺、視野障害、言語障害などが起こります。脳内出血の次に多い症状が「てんかん発作」です。体の片側に痙攣が起こるのが特徴で、さらに片側から全身に痙攣が広がるケースもあります。脳動静脈奇形はクモ膜下出血を起こすこともあり、突然激しい頭痛に襲われるのが特徴です。脳内の出血が多い場合は、意識障害に至ることもあります。

治療方法

脳動静脈奇形の要因である、血管の奇形化の原因は現在明らかにされてはいません。奇形化し一つの塊となった血管は、加齢とともに徐々に大きくなるとされています。脳動静脈奇形の治療は、外科手術により塊となっている血管の全摘出が第一選択となります。しかし脳内出血やクモ膜下出血の症状が起きている場合には、入院し症状が安定してから手術を行います。てんかん発作が現れた患者には、抗てんかん薬を用いて症状が落ち着くまで経過観察します。治療法は外科手術が第一選択ではありますが、患者の年齢や合併症、脳動静脈奇形の大きさや発生部位によっては「塞栓術」や「放射線治療」が選択されることもあります。脳動静脈奇形は早期治療が重要ですので、軽度であっても頭痛が長く続く場合は、内科や神経内科、脳神経外科で検査を行って下さい。