医者

内臓系の病気になったときは|腸閉塞は早めに手術を受けよう

腸の内容物が詰まる疾患

先生

腸が閉塞する主な原因

小腸や大腸が詰まり、食物や胃液などが腸内から排出されなくなる状態を「腸閉塞」と言います。腸閉塞となる主な原因が、他の疾患による開腹手術の際に必ず起こる、腸同士または腸と腹壁の「癒着」です。この癒着した部位から腸が捻れてしまうことで、腸閉塞となってしまうケースが非常に多いとされています。そして便秘による硬い便で腸が閉塞してしまうこともあります。特に高齢者の腸閉塞は、便秘による硬い便が腸を詰まらせているケースが殆どとされています。そして腸閉塞は腸だけでなく、腸に栄養や酸素を運ぶ為の血管が入っている「腸間膜」が捻れたり、圧迫されるケースもあります。この腸間膜が捻れ、血流障害に至っている場合を「絞扼性腸閉塞」と言い、早期に手術を行う必要があります。

腸の閉塞の治療法

腸閉塞の主な症状が、耐えられないほどの腹痛、吐き気、嘔吐などです。腹痛は激痛に襲われるもしばらくすると和らぐといったような、状態の変異を繰り返すのが特徴です。ただし絞扼性腸閉塞の場合は激痛が和らぐことはなく、次第に顔面蒼白となり、ショック状態に至ります。これらの症状が現れたら、早急に救急車を要請しましょう。腸閉塞の内科での治療は、絞扼性でなければ殆どの場合「保存的治療」が選択されます。絶食指示が出て、おならまたは便が出るまでは点滴で栄養補給を行います。開腹手術は新たな腸の癒着を増やしてしまう為、危険性の高い絞扼性腸閉塞でない限りは殆ど選択されません。ただし保存的治療を行っても症状が改善しない、また症状の改善は見られるも短期間で再発を繰り返すといった場合には、最終的には開腹手術が選択されます。

高齢化で増える関節の病気

微笑む女性

リウマチの治療方法として、リハビリテーションが大事だと言われています。また薬物療法など様々な治療法が用意されています。医療環境が整った世田谷などの病院や医院を受診したり、市区町村の医療事業を利用してみたりすると良いでしょう。

もっと見る

良性腫瘍なら全摘出可能

婦人

脳腫瘍は、頭蓋骨内に腫瘍ができる病気です。頭蓋骨内という限られた空間で腫瘍ができると、圧力が上がることで頭痛や吐き気などの症状があらわれるようです。良性腫瘍の場合は全摘出できますが、悪性の場合一部摘出となります。術後は薬物療法や免疫療法を行い再発を防ぎます。

もっと見る

脳の血管が塊となる病気

男性

全ての血管に発症する危険性がある、恐ろしい病気が脳動静脈奇形です。てんかんの発作や、ひどい場合だと脳内出血を引き起こす病気なので、突然の激しい頭痛などが発生した場合には検査を受けましょう。

もっと見る